上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ひさびさに組み立て方にもどってきました…!お待たせしてすみません!!
今回はキットどうしのつなぎに真鍮を通して補強する軸打ちの作業にはいります。
長くなりますので、2回に分けてかきます。(作業的には長くないんですが画像が多いので;)
軸打ちした穴は後々塗装のときも役に立ちます!


 今回用意するものは、ピンバイス、ドリル刃、真鍮線(2mm)、ペンチ(真鍮線の切断につかいます)
になります。
どうぐ


まず足を例にとって始めてまいります!最初の方は失敗しても大丈夫そうなとこからはじめると
いいとおもいます(^^;;)首とか位置ズレすると個人的にショックがおおきいので、
慣れてきだしたら肝心なとこをするといいかもしれません…!

パーツ同士の合わせ目に十字をかいてセンターを求めるやり方もありますが、私は書いても失敗すること
があるので書かないでやります。失敗するのは入射角が問題なんですけども…(^^;;)

ではでは詳細は続きから…


はじまりは右足と下半身の接合から!
ダボ穴の凹のほう(ズボン方面)からせめてみます。まずはセンターに穴をあける方法からです。

ダボ穴のおおよそ中心(ダボ穴のが小さいので真ん中がわりだしやすいとおもいますがそうでなかったら
スミマセン…)にピンバイスで穴をあけます。
この時、ドリル刃はダボ穴の凹の垂直と同じ角度を保ちながら穴をあけてください。

あし9

凹面の穴の開け具合は任意なんですが大体1cm~2cmぐらいで…

続いて右足の凸がわにドリルします。こちらは凸ダボの長さが長いので凸ダボより長めに穴をあけます。
あし8 あし7

ドリルで穴をあけたところに真鍮を通します。
そして接合~!
あし6

ぴったり合いましたか?
断面図であらわすとこんな感じ…
だぼ1

それではお次は左足と下半身の接合へGO!左足はセンター穴あけより失敗の少ない方法で…。
イメージとしてはこんなんです。(絵が右足で例えてますが気になさらないで!)

だぼ2

こちらも凹面からやっていきます。凹面のほうがダボ穴にたいしての垂直がわかりやすいと思っております。
あくまで私個人の意見なのですが…(^^;;)

あし5

ダボ穴の四つ角の隅に穴をあけます。角なのでまっすぐがわかりやすいとおもいます。
お次はズボンの凸面に穴をあけます。こちらも凹面にあけたときと同じカドにあけます。
あし4
あし3
そして、真鍮を通します。穴の深さは右足のときと同様に1cm~2cmくらいあけます。
またしても接合!
あし1
じりつ1

…とこんな感じで進めてゆきます。作業じたいは淡々としていてパーツの水とぎよりお時間はかからないです。

 
 次回も引き続き真鍮通しのご紹介になります!
今回ご紹介した真鍮の通し方等は一例ですので必ずしもコレ!ということはございませんので、ご自身の一番しやすい方法で作業してくださいね。
くれぐれもお怪我にはご注意ください!
スポンサーサイト
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
イッキをつくろう!⑥ 真鍮通し編 2
NEW Topics
ワンフェス2015[夏] 参加情報!!
いよいよ明日開幕!!
ワンフェス2015[冬] 無事終了いたしました!
ワンダーフェスティバル2015[冬]参加情報
WF2015[冬]参加いたします!!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yosihina

Author:yosihina
web: http://jamminfo.web.fc2.com/
twitter: @jammingoff

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。